Now Reading
【恋愛アニメ】【ネタバレ有り】『神様はじめました』の魅力を徹底解説!

【恋愛アニメ】【ネタバレ有り】『神様はじめました』の魅力を徹底解説!

『神様はじめました』の概要

『神様はじめました』は『花とゆめ』で2008年から2016年まで連載された、鈴木ジュリエッタさんによる少女漫画です。

単行本は白泉社から全25巻が刊行されており、2015年には東京芸術劇場で舞台化もされています。

今回紹介するテレビアニメ版はトムス・エンタテイメントが制作をつとめ、2012年に第1期が、2015年に第2期が放送されました。

 

アニメ『神様はじめました』のストーリー

主人公・桃園奈々生(ももぞの ななみ)は宇治上高校に通う、明るく活発な女子高校生です。

幼い頃に母を亡くしたため父と二人暮らしでしたが、父が借金を残して蒸発したことで突然家を追い出されてしまいました。

途方に暮れる奈々生でしたが、犬に追われていた謎の男・ミカゲを助けたことがきっかけで互いに打ち解けます。

ミカゲは「家を譲る」と言い残して立ち去り、奈々生が半信半疑で指定された場所に向かうと、そこには廃れた神社がありました。

何とミカゲは神社「ミカゲ社」の土地神であり、神社を引き渡すと共に土地神の役目も奈々生に謙譲したのでした。

神社には白髪に耳と尻尾を生やした神使・巴衛(ともえ)と鬼切童子の鬼切(おにきり)・虎徹(こてつ)が既に住んでいました。

巴衛は元野狐で口が悪い一面があり、突然土地神を引き継いだ奈々生に対して最初は意地悪く接します。

奈々生も当初は反発しますが、巴衛のさりげない優しさやミカゲへの忠誠心を知るうちに恋心を抱くように。

しかし巴衛にはどうしても忘れられない過去があり、すぐに奈々生の想いに答えることはできませんでした。

奈々生は一途に巴衛を想い続け、巴衛もまた協力しながら神社の再興や土地神としての任務をこなし、「神様」として成長していきます。

 

アニメ「神様はじめました」の魅力

奈々生と巴衛の恋模様から目が離せない!

神使の巴衛は天邪鬼な性格で意地悪な部分もありますが、整った容姿で家事や炊事もそつなくこなしてしまうギャップが魅力的です。

時に奈々生を厳しく鼓舞し、時にさりげない優しさで奈々生を支えるその姿にときめかない人はいないでしょう。

実際に奈々生がある人物に拐われたことをきっかけに「変化の術」を使い、奈々生の護衛として学校に入学してしまうほどの過保護っぷりです。

ふたりの関係が進展するまではかなり時間がかかりますが、多くの障害を乗り越えた先に待っているハッピーエンドは感動ものです!

 

See Also

サブキャラクターもすごく魅力的!

奈々生は土地神になったことで力を持ち、ヒトならざる妖怪や神様と関わる機会が多くなります。

土地神の座を奪おうと画策する烏天狗の鞍馬(くらま)や、婚姻の印をつけて奈々生を拐ったヨノモリ社の神使・瑞希(みずき)など。

登場人物はみな一癖も二癖もあるキャラクターばかりですが、それぞれ個性豊かなので観ていて飽きません。

巴衛が持つ衝撃的な過去

500年以上前の巴衛は野狐であり、高等妖怪・悪羅王(あくらおう)と悪事の限りを尽くし、暴れまわっていました。

ある日人間の女性・雪路(ゆきじ)と恋に落ち、雪路の病を治す為に高等妖怪・龍王から右目を奪います。

しかし巴衛の計画は失敗に終わり、死に至る呪いをかけられたところを前土地神のミカゲに助けられたのでした。

実は雪路は奈々生の先祖でもあり、物語が進むごとに多くの真実が明かされていくのも見所です。

いかがでしたでしょうか?『神様はじめました』は胸キュン間違いなしの恋愛アニメなので、是非観てみてくださいね。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

What's Your Reaction?
Excited
0
Happy
0
In Love
0
Not Sure
0
Silly
0
© Anime Trend. ALL RIGHTS RESERVED
Scroll To Top
翻訳する »